チャリティフットサル大会

第18回チャリティフットサル大会第二部の魅力をご紹介!


皆さんこんにちは!
今年の冬も寒いですね。

今回はチャリティフットサル大会第二部の魅力と気になる大会の内容をご紹介します。

1、第二部はどんな大会なの?
今回の大会は第一部と第二部に分けて参加者を募集しています。
(ご好評により第一部は参加受付を終了しました)

第一部は男性のみのフットサル経験者による本気のフットサル大会(オープン)であるのに対し、
第二部では男女ともに参加をすることができ、初心者の方でも気軽に楽しめる大会(エンジョイ)です。

そのため
「フットサル経験は無いけど挑戦してみたい方」
「日本で新しい友達をつくりたい外国籍の方」
「せっかくの休日を充実させたい高校生の方」
など幅広い方々にぜひとも参加していただきたい大会です!

また、第二部はフットサルだけではなく
チームごとに4つの種目で競い合う運動会のような大会となっております!

こちらはチャリティフットサル大会第二部の雰囲気や魅力をご紹介しているムービーです!
ムービーを見ていただいてもわかるように、大会当日に会ったばかりのチームメイトともこのように仲良くなれます!
楽しい思い出になること間違いなしです!

小学生の頃や中学生の頃の運動会を思い出すと懐かしい気持ちになりますよね。
チャリティフットサル大会第二部では年齢や学年に関係なく運動会のような雰囲気を楽しむことができます!
気になった方はお気軽にご参加ください!

2、第二部種目紹介
「4つの種目って何をするの?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、続いては当日に行う4つの種目について発表していきたいと思います!!

第1種目 ボール出し
相手チームのボールをコートに出し、
自分のチームのボールが敵チームによってコートから出されないように阻止するゲームです。
手を使うのは禁止なため、足のみでのプレーとなります。
試合終了後のボールの数によりチームにポイントが配点されます。

チームワークがとても大切なゲームなので、
初対面のチームメイトとも仲良くなれること間違いなし!!

第2種目 手つなぎドリブルリレー
こちらはチームで2人ずつペアを組み挑戦します。
2人で手を繋いでコートの反対側までドリブルをして、
たどり着いたらもう一度手を繋ぎドリブルで帰ってきます。

実はこのゲーム、ただドリブルが早ければ勝利ではありません。
チーム全員でとある課題にクリアしてはじめてゴールとなるので、
どんな課題がでるか当日をお楽しみに!

第3種目 ぐるぐるバットPK
PKに挑戦する両チームのキッカー・キーパーはバットを使いその場で10回まわります。
10回ぐるぐるが終わり次第、キッカーはボールを蹴り、
キーパーはゴールにボールが入るのを護ってください。
シュートを多く決めたチームが勝ちです。

目が回って転ばないように注意!!

第4種目 フットサル
初心者向けのフットサルなので自信がなくても心配なし!
築き上げてきたチームワークの見せ所です!!

以上、4種目が大会当日に行う競技となっております!
すべての種目の合計得点により優勝チームが決定します。
チャリティフットサル大会恒例の豪華景品もお楽しみに!

以下、大会の詳細です。

《第18回チャリティーフットサル大会概要》
▽日にち
2019年2月23日(土)
▽会場
キャプテン翼スタジアム横浜元町
ホームページはこちら
▽アクセス
<電車>
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩12分
<車>
首都高速神奈川3号狩場線「新山下」出口より直進。
「鴎橋入口」交差点Uターン、見晴橋入口左折すぐ。
近隣に提携駐車場がございます。
詳しくはこちら
▽時間
14:30~18:30
▽募集形式
男性・女性ともに参加可
個人参加のみ
2人~3人まで同チーム可能
▽レベル
エンジョイ(初心者の方にも楽しんでいただけます)
▽参加費
2500円/1人(高校生は学生証提示で1500円/1人)

*第一部・第二部ともにご参加の方
第二部の参加費が
大学生以上 1000円
高校生   500円
となります。

▽注意事項
・参加チーム数により試合形式、試合数、試合時間、景品等に変更がある場合がございます。
・トレーニングシューズ又はフットサルシューズをご持参ください。(コート内でのスパイク使用不可)
・試合中に発生した事故や怪我につきましては責任を負いかねませんので、予めご了承下さい。(応急処置程度は可能)

登録方法
登録はこちらからお願いいたします。
※こちらから折り返しメールが来たら、正式に登録完了となります。(第1部は募集終了いたしました)
最後に、今大会の運営費を除く全ての収益金は、
カンボジアの子どもたちの夢を応援するサポートのために充てさせていただきます。

Facebookコメント欄

協賛企業

Return Top