メンバー連載企画

メンバーの想い(12代目)①

皆さんこんにちは!
今日から12代目(新2年生)の「1年間で成長したこと」「学生団体とサークルの違い」についての
記事を毎日紹介していきたいと思います!
今日は「1年間で成長したこと」第1弾です!

①「WorldFut」

私はボランティアや国際協力に興味があってこの団体に入りました。
最初は団体のこともメンバーのこともよくわかりませんでしたが、夏のスタディツアーに行ってからよくわかるようになりました。
そこから1年間、学生団体であるWorldFutで活動してきて1番成長したことは、人を頼ることができるようになったことです。
常に目標に向かって頑張っている同期や先輩がいて、自分がリーダーや副リーダーなどを務めているときは、誰かが私を見ていてくれて、一緒に頑張ってくれます。
自分でなんでもやろうとしてしまう性格ですが、そうやって1人でやっていると必ずどこかで誰かが声をかけてくれます。
また、何かあったら言ってねと言ってくれる先輩もたくさんいます。
今までもそういう人はいたけれど、本当に力になってくれて、一緒に考えてくれる人はなかなかいませんでした。
だから、この団体に入って様々なメンバーと一緒に過ごす中で「この人たちなら頼っていいんだ」と思えるようになりました。
人を頼るためにはその人を信頼することが必要だし、勇気も必要だと思います。
メンバーとは週2回会えるし、会議では意見も言うし、同じセクならお仕事を頼んだり頼まれたりするし、そうやっていく中でできるようになっていくと思います。
この団体に入って活動できて本当に良かったです!
私も頼ってもらえるような人になることが来年の目標の1つです。

WorldFut公式Instagramはこちらから
WorldFut公式Twitterはこちら↓

Facebookコメント欄

Return Top