Dream Challenge Cup -ドリームチャレンジカップ –

普段はプレーすることは出来ないカンボジア最高峰のスタジアムで
子どもたちのサッカー選手という夢を具現化する機会を提供する

カンボジアサッカー協会の後援を得て、国内最高峰のスタジアムであるカンボジア・オリンピックスタジアムを借用し、サッカー大会を開催いたしました。

初めての開催となった2016年は総勢72名の小学5、6年生が『Dream Challenge Cup』に参加しました。首都プノンペンで暮らすサッカースクールGFAの生徒12名に加え、農村部に位置するプレイベン州スマオン小学校、プレローンドムライ小学校、プレイベンクロム小学校の60名の生徒をプノンペンへ招待しています。

2回目の開催となった2017年は、前回参加した4チームから新たに5チームが加わり、総勢120名以上が『Dream Challenge Cup 2nd』に参戦しました。

『Dream Challenge Cup 2nd』大会後に実施した子どもたちへのアンケートでは、「来年も参加したい」との回答が99%以上、「将来またこのスタジアムでプレーしたい」との回答が98%以上と高い大会参加満足度を得ています。また「大会を通して新たな友達が出来た」と92%以上が回答するなど、農村部に不足している他地域の子どもたちとの交流も『Dream Challenge Cup』を通して新たに生まれています。

過去2年間にわたり開催してきましたが、
『Dream Challenge Cup』は農村部の子どもたちにとって新たな目標の一つとなりました。目標が設定できることで、日頃からサッカーに取り組む姿勢に大きな変化が生まれています。

Dream Challenge Cup スライドショー

協賛企業

Return Top